10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケ取り部隊

美羽えびのブログへようこそ!

こんばんは☆

今日は我が家の水草水槽でコケ取りとして貢献してくれているエビを紹介したいと思います!

アクアリウムには憑物のコケですが、皆さんも色々とコケの対処には苦労してきたことでしょう…

ウチでも昔は結構頑張って対処してきたのですが、とある日を境にある程度は目を瞑ることにしました 笑

コケには結局、人力での除去が一番なのですが、お手伝いしてもらう程度に、コケ取り部隊に参戦してもらっています。

魚類なら、オトシンやサイアミーズ、ペンシルフィッシュ、モーリー
貝類なら、イシマキガイ、カノコガイ、レッドラムズホーン(残飯処理係)
エビ類なら、ヤマトヌマエビ、トゲナシヌマエビ、ミナミヌマエビ、シナヌマエビ
などなど、その他にも色々と頑張ってもらっているのですが、今日ご紹介するエビはこのコ!




なかなか綺麗なエビさんでしょ?

この画像だけでなんていうエビさんかわかった方は、なかなかのエビマニアかと…笑


このコはあまり本物は市場には出回っていないっていうエビさんで、
ミゾレヌマエビっていいます♪

ちなみに、店頭にミゾレヌマエビという名前並んでいるのは、ヌマエビ南部群というのがほとんどらしい…

それはさておき、何故このコをご紹介したいかと言いますと、
なかなかイィ具合の仕事
が出来るってトコなんです☆

コケ取りで活躍してくれるエビと言えば、ヤマトヌマエビが最強で、その次に続くのがトゲナシヌマエビって感じだと思いますが、我が家では大事な水草が食害ってことも多く、柔らかい水草とは一緒に入れていません 汗

だからと言って、ミナミやシナヌマエビはコケ取り能力は低く、数で勝負って感じになり、大部隊で参戦してくれるものの、その分排出物も多く、コケに回る栄養分が増えコケ増殖って感じな上、陸封型のエビの為、気が付けば勝手に増えまくるので、コケ取り部隊としては本末転倒の悪循環…(;一_一)

しかしこのミゾレヌマエビは、ヤマトやトゲナシに比べ、コケ取り能力は若干劣るながら、ミナミやシナよりはコケを取ってくれていますし、水草の食害もココ約10年ほど飼育していますが、ほぼありませんでした☆★☆

それに、ヤマトやトゲナシと同じヒメヌマエビ属に分類される種で、幼生の時は海水を要する両側回遊型の為、ミナミやシナとは違い淡水では増えないので、管理し易く、まさに中間管理職って感じです☆★☆

それに、何より他のヌマエビより吐出しているのが見た目だと思います。

IMG_4328_convert_20131007035025.jpg
角から尻尾に入るギラギラしたライン
IMG_4218_convert_20131007033453.jpg
側面の模様
IMG_4365_convert_20131008024618.jpg
色も透明系・赤系・青系・黒系・茶系と様々に変するし、時折入る、名前の由来ともなっているミゾレ模様もなかなか見応えがあって、鑑賞価値も高い!

IMG_0158_convert_20131008024453.jpg


これからもミゾレヌマエビさんの中間管理職的なイィ具合の仕事ぶりに感謝して、コケ無しアクアライフを楽しみたいと思います(^O^)/





スポンサーサイト

コメント

はじめまして♪

へ~こんなエビがいるんですねv-398はじめて知りましたv-411

色がいろいろ変わるところは魅力的ですね☆ただ『両側回遊型』の点では飼育がちょっと難しそうですね~(> _ <)

マコさん

はじめまして☆
コメントありがとうございますm(_ _)m

ミゾレヌマエビは繁殖に海水がいる為、水槽で増やすのは難しいけど、飼育はめっちゃ簡単ですよd(^_^o)

このエビさんは結構マイナーな種類みたいですが、関西以西には、川の下流域にけっこう居てて、ウチのは家の前の用水路で採取した個体なんで、普通種だと思ってましたf^_^;)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

美羽えび

Author:美羽えび
兵庫県の姫路に住んでおります!(^^)!
夫婦でレッドビーシュリンプを中心に、アクアな日々を送っております♪
お近くの方も、そうでない方も、良かったら絡んでもらえると嬉しいです☆

 
 
 
 
 
 

フリーエリア

 

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。